長州屋台村とは

title-rinen
集団は力なり! 一人一人の力を集めてみんなで幸せになろう!
人生2度なし! あなたは、今、何歳ですか! いつまで働けますか!
今の今を大切に本気で、3年間一所懸命に生きてみませんか!
一人一人は弱い者、弱い力を集めて、強い集団となり、一緒に幸せになろう!

title-vision
独立して自分の可能性にチャレンジしよう!
自分の人生は自分だけのもの。
まず一歩踏み出して独立してみませんか!
商売は、毎日毎日が勝負です。
3年間約1,000日、まず本気になって売上から1日3,000円〜5,000円積み立てして下さい。
1,000日で300万〜500万円貯まります。
1,000日の間、色々な誘惑や障害があるでしょう。
貯める事が出来た人は成功者です。
その種銭を持って、市内の空店舗で本格的な店を開き、更なる成功体験をしていただきたい。
屋台は商売の通過店舗です。

魚正本陣は唐戸のカスバと言われた東華街(とうかがい)という所で35年以上続いてる店です。
最初の店は客席が13席だけでした。
一人で調理・接客し、お客様のニーズを体で覚え、商売の基礎を学んだこの店が商売の原点でした。
屋台(8〜10席)こそ経営の原点です。
お店をまず経営して、仕入れ、売り上げの管理、経費の支払い、接客の方法、お客様の声を聞き、
商売の練習をし、お店を切り盛りする事を身につけてもらい、
ゆくゆくは唐戸の空き店舗で本格的な店をやってもらいたい。
商売の通過地点が屋台であり、屋台は最終目的店舗ではないのです。
契約期間は3年ですが、続けたい方は更新も可能です。

下関は食の文化が根付いた町です。
屋台は地元の食べ物や人が集まる場所。
長州屋台村に行けば下関の食べ物がすべてあり、
下関弁が聞けて、下関の文化・情報をもれなく知る事が出来る場が長州屋台村です。

唐戸を「下関の顔」にしたい!
屋台村の各屋台は個であるけど、村として一体(集団)として活動しなければなりません。
一緒に下関を代表する店作りに参加する前向きな人を希望します。